• イベントログ確認機能 - イベントが発生しているかを確認する

     

    機能概要
     ̄ ̄ ̄ ̄

    ・登録したテスト端末で発生した前日~当日のイベントログをJSON形式でダウンロード可能
    ・最大50端末まで一度に選択可能
    ・一度にダウンロード可能なレコード数は5,000件まで ※ 位置情報ログは含まれない

     

    イベントトラッキング機能について
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    イベントトラッキング機能 で取得したデータを指します。
    SDKを導入するだけで取得できるイベントのほか、任意のイベントも取得可能です。

     

    利用方法
     ̄ ̄ ̄ ̄

    • 管理画面の「設定」⇒ 「イベントログ確認」へアク]セス
    • ① 登録しているテスト端末を検索(もしくは一覧から該当のpopinfo IDを探す)
    • ② ログをダウンロードしたいpopinfo IDをチェック
    • ③ 「ダウンロード」ボタンを押下
    • result-YYYYMMDD-XXXXXX.json というファイルがダウンロードできます

     

    setting_005.png

     

    管理画面マニュアル
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    https://docs.fanship.jp/dashboard/setting/eventlog.html

     

     

     

  • イベントトラッキング機能

     

    🔰 イベントトラッキングとは?

    エンドユーザーのアプリ利用動向を把握するなどの目的で、アプリの動作にあわせて特定のイベントを蓄積し、FANSHIP のサーバに送信する機能です。

    分析に利用できるほか、アプリ内メッセージの配信トリガとしても必要になります。

     

    📊 どのようなイベントを取得できるのか


    SDK を組み込むだけで自動で取得する標準イベントのほかに、カスタムイベントとして、アプリ上でのユーザーの挙動などを「key値とvalue値」という形で記録し、FANSHIP サーバーに独自のイベントを送信して蓄積することもできます。

     

    標準イベント …  SDKを組み込めば、収集されるイベント

     

    イベント名 イベント内容
    アプリ起動 アプリを立ち上げた
    PUSH開封 プッシュ通知をタップしてお知らせ詳細に遷移した
    URL遷移 コンテツに設定しているURLもしくはHTML配信のリンクをタップした
    お知らせ一覧の閲覧 一覧を表示した(標準SDK組み込みの場合)
    詳細閲覧 コンテンツを表示した
    初回起動 インストール後アプリを起動した
    アプリアップデート アプリをアップデートした
    WiFi入圏 WiFi電波をアプリで検知した
    iBeacon捕捉 Beacon電波をアプリで検知した
    クーポン閲覧 クーポン詳細を閲覧した
    クーポンもぎり クーポンを利用した
    クーポンお気に入り追加 お気に入り登録(☆アイコンタップ)した
    クーポンお気に入り解除 お気に入り解除した
    クーポン配布 限定クーポンを配布した

     

     

    カスタムイベント … SDK 組込み時にお客様独自で設定できる任意のイベント

    アプリ内のソースコードに記述することにより、任意のタイミングで任意のイベントを発行し、
    サーバに送信することができます。

    イベントを送信するメソッドは、組み込みガイド の「よくあるカスタマイズ方法」をご確認ください。