• FANSHIP SDK リリースポリシー・サポートバージョンについて

     

    FANSHIP SDK は、バイナリ形式のライブラリファイルとして配布されております。
    Apple、Google の提供する最新デバイスへの対応ポリシーは、下表に準じます。 

     

    Xcode1.PNG

     

     

    Xcode2.PNG

     

    • サポートバージョン

      • 2世代前のOSまでをサポート対象とします。
      • 動作の確認を行い、原則すべての機能が利用可能な状況を保ちます。
    • 動作確認バージョン

      • 3、4世代前のOSまでを動作確認対象とします。
      • 新しいOSがリリースされた場合、1世代先のOSまでは、動作確認を行います。
      • 基本的な機能の動作を確認しておりますが、動かない/仕様が異なる場合は、特記事項といたします。
    • サポートなし

      • 上記に該当しないOSバージョンは、サポート外とします。
      • 動作確認を行いません。

     

    iOS版 SDK のリリースポリシー

    • 新しいバージョンのOSがリリースされた場合、原則1週間以内に「動作確認バージョン」に追加します。
    • 偶数番号のベータ版及びGM版で動作確認を行い、致命的な問題がある場合は、ご連絡いたします。
      • 特にバージョンが若いベータ版で、テストの意味をなさないと弊社が判断した場合は、省略いたします。
    • 新しいXcodeがリリースされてから、4週間程で新しいXcodeに対応するSDKをリリースします。

    Android版 SDK のリリースポリシー

    • 新しいバージョンのOSを利用可能な端末が国内で利用可能になってから、4週間程で「動作確認バージョン」に追加します。
    • 新しいバージョンのOSを利用可能な端末が国内で利用可能になってから、8週間程で、新しい TargetSDKVersion に対応するSDKをリリースします。

     

  • アプリ内お知らせ(コンテンツ)の保存件数について教えてください。


    SDKのお知らせ一覧の表示件数はSDKの設定値で変更できます。

    初期値は iOS が100件、Android が1000件となっているので、適宜変更してください。

     

    変更は以下ファイルをご確認ください。


    Android

    /popinfo-sdk/res/values/popinfo_values.xml ファイル内

    public static final int MESSAGES_NUM_DEFAULT_VAL = 1000;

     

    iOS

    /lib/PopinfoConfiguration.m ファイル内

    int const popinfoMessagesMax = 100;
  • 管理画面からSDKダウンロードサイトにアクセスできず、ダウンロードができません。

     

    SDK 及び 資料ダウンロード(最新版)」にアクセスできず、以下のような画面が表示された場合、
    お手数ですが こちらのURL にアクセスいただき、ダウンロードをお願いいたします。

     

    SDK___________.png

     

    上記URLへアクセスできない場合、お客様の環境でインターネットへのアクセス制限を掛けられている可能性がございます。

    恐れ入りますが、社内ネットワークのアクセス制限のご確認をお願いいたします。

     

    また、アクセスできない場合、お問合せいただければ最新のSDKファイルをお送りすることも可能です。フォーム・またはメールにてご依頼ください。

  • 許諾ダイアログとアプリ内メッセージの表示が被ってしまいます(iOS)

     

    許諾ダイアログに応答したあとに同じ画面でアプリ内メッセージ表示をする制御は難しいため、
    「許諾ダイアログが出ているときは、アプリ内メッセージを表示しない」対応をお勧めします。

    // 通知が許可されているかどうかを確認
    UNUserNotificationCenter.current().getNotificationSettings { (settings) in
        switch settings.authorizationStatus {
        case .authorized:
            // 通知が許可されている場合
            break
        case .denied:
            // 通知が拒否されている場合
            break
        case .notDetermined:
            // 通知許諾状態が未定の場合
            break
        }
    }

     

    記載箇所などは 組込みガイド の「8 アプリ内メッセージの実装」を参考にしてください。

     

     

  • iOS13 - アプリケーションに対する位置情報の使用許可

     

    iOS 13 以降、インストール時に表示される「位置情報許諾ダイアログ」について、位置情報の許諾ステータスの内容と遷移が変更されたため、弊社検証用アプリ を用いて確認した内容を掲載します。

     

    (1)「常に許可」の削除

    これまでは、位置情報の利用許可にあたって、ユーザーに対して「常に許可」「許可しない」「このAppの使用中のみ許可」の3つの選択肢が提示されましたが、iOS 13 からは、「常に許可」が削除され、かわりに「1度だけ許可」が追加されました。

    (2) 段階的権限昇格

    これまでは、Appが位置情報を利用する際に Appのインストール直後からユーザーに「常に許可」を選択肢として提示できるようになっていましたが、iOS 13 からは、「暫定的に『常に許可』」という内部状態を経由することで、はじめて(暫定ではない)「常に許可」の状態(位置情報利用認可)を獲得できるようになります。

     

    __________________03.jpg

     

     

    位置情報使用許可における「1度だけ許可」について

    Appを起動してから終了するまでの期間が「1度だけ」が指す範囲となります

     

     

     

  • SDKで取得したデータ(位置情報や許諾変更値など)を FANSHIP サーバーへ送るタイミングは?

    iOS

    • アプリがアクティブになった時(アプリをフォアグラウンドにした時)
    • バックグラウンドフェッチ時
      (このタイミングはOS側に依存しますが、通常、数時間に1回程度の頻度で発生します)
    • 位置情報をオンにして組み込んでいるケースでは、位置情報(ネットワーク測位)が検出された時
      (ユーザーがある程度の距離を移動すれば、自動的に発生します)
      (SDK最新版 3.5.6以上では アプリがバックグラウンドになった時も送信)

    かつ、前回送信から60分以上経過している場合(仕様変更の予定があります)

     

    Android

    • アプリがアクティブになった時(アプリをフォアグラウンドにした時)
    • 1時間に一度
      (popinfo IDにより分散しているため、アプリ初回起動から何分後に送られるかは 0分 ~ 59分59秒に分布)
      (6.0以上のOSの場合でDozeモードに入った場合は、想定通りの動作をしなくなります)

     

    ・端末でのプッシュ許諾や位置情報のON/OFF切り替えをされても、上記よりすぐに反映されないことがあります。

    ・管理画面への反映に関しては、ブラウザのキャッシュによりタイムラグが発生する場合があります。

     

    ※フォアグラウンド = アプリが立ち上がっている状態
    ※バックグラウンドフェッチ = バックグラウンドにある状態で一定期間毎に特定の処理を実行

     

    ユーザーの位置情報取得方法はこちらを参照ください。

     

  • ユーザーの位置情報はどのように取得していますか? 取得するタイミングは?

     

     

    iOS (ネットワーク測位モードで組み込んだ場合): 低

    • 大幅位置移動検出時
    • 滞在、移動開始検出時

     

    iOS (定期GPSモードで組み込んだ場合) :高

    • 大幅位置移動検出時
    • 滞在、移動開始検出時
    • 5分に1回

     

    Android

    • 5分に1回 ※組込時、SDKで任意に指定可能

     

    ほか、アプリをターミネートしてから再度起動した場合もGPS・セルベースの測位を得る事ができます。

     

    大幅位置移動検出時とは

    通信時に基地局からの情報を元に、位置情報取得しております。
    例として、Aという基地局の通信から、Bという基地局の通信に変わった場合に取得されます。

     

    滞在、移動開始検出時とは

    「緯度経度、到着時間、出発時間」をiOSが知らせてくれる仕組みから位置情報を検知しております。
    滞在の具体的な基準値やロジック等はOS側で、開示されているものではございませんのでご了承ください。

     

    位置情報をFANSHIPサーバーへ送るタイミングはこちらを参照ください。

  • 最新のSDKはどこで手に入りますか?

    管理画面にログインし、「SDK 及び 資料ダウンロード(最新版)」からダウンロードいただけます。
    ※フォルダ解凍パスワードは、「SDK 及び 資料ダウンロード(最新版)」タイトル下に記載しています。

     

    mceclip0.png